転職する時正社員ばかりがいいとは限らない

派遣社員や契約社員にはボーナスがありません。なので正社員と比べてもお金の面ではかなり不利なのです。しかし会社側では正社員と同じように働かせようとします。そうなると不公平なので会社を転職し、正社員になろうとする人が多いのです。今の時代なかなか企業も正社員を雇いたくないのです。お金をたくさん払わなければならないからなのです。できるだけパートやアルバイトにして社員も契約社員を多く使っているのです。そうするとあまりお金を支払わなくても済むからです。転職するなら絶対給料のいいところをとみんな思いがちですが、給料がいいところは仕事がかなりきついのです。お金をたくさんもらえなくても仕事がきつくなくやっていけるところで働くほうがいいのです。正社員になったらなったで責任がかなり重いことばかりさせられるのです。しかし、首を切られる心配は少なくなります。契約社員だと契約が切れたらすぐにそこで仕事がなくなりますが、正社員は次の仕事が見つかるまでお金が支払われるのです。